【焼いてサラダに】かぼちゃニョッキの作り方

October 13, 2016

今日はこどもと一緒に作って楽しい、食べて美味しいかぼちゃニョッキの作り方を紹介します。茹でたニョッキはバターで焼くと甘みが増して一段と美味しくなります。パルメザンチーズ、生ハム、ルッコラなど葉ものの野菜とあえておもてなしサラダに。

 

 

 

【材料】

薄力粉. . .90〜 110g(かぼちゃの大きさに合わせて調整してください)

かぼちゃ. . . 約1/4個

塩. . . 小さじ2/3

 

バター. . . 適宜

 

生ハム. . . 1パック

ルッコラなど葉もの野菜(ベビーリーフ). . . 適宜

パルメザンチーズ. . . 適宜

 

[ドレッシング]

オリーブオイル. . . 大さじ3

バルザミコ酢. . . 大さじ3

塩・こしょう. . . 各適宜

 

 

【作り方】

[1] かぼちゃの種とワタを取りのぞき、皮をむいて一口大に切る。まとめてラップで包み、電子レンジ(500w)で5分ほど加熱する。(竹串を刺してすっと通ればOKです。)

 

[2] 1を熱いうちにボウルに入れてマッシャーなどでつぶし、粗熱をとる。

 

 

 

[3] 2に薄力粉と塩を加えて、手で混ぜ合わせてひとまとめにする。

 

[4]3の生地を4等分に分けて、打ち粉(分量外)をしたまな板の上で直径約2cmの棒状に伸ばしたら、約2.5cm幅(フォークの同幅にすると成形しやすいです)に切る。残りの生地にもこの作業を繰り返す。

 

 

 

[5] 4の1つをフォークに乗せて親指でぎゅっと真ん中を押しのばし、生地の先を手前に戻してくるっと丸めます。(こどもが大好きな粘土遊びのような作業です!多少形がくずれてもお任せしてみて。)

 

[6] 5の作業を繰り返し、すべての生地を成形する。(打ち粉をしたバットに並べておくとくっつきません。)

 

 

[7] 鍋にたっぷりのお湯を沸騰させて6を茹でて(上の方に浮かんでくれば茹で上がりです)、ざるにあげ水を切る。

 

 

 

[8] フライパンにバターを熱して7のニョッキを焼く。少し焦げ目がつくほど色鮮やかに焼き上げると、外はカリっ、中はもっちり食感の焼きニョッキが楽しめます。このまま食べても十分美味しいので、ぜひ味見してください。

 

 

 

[9] 少し冷ました8と、サニーレタスやルッコラなどの好みの野菜、生ハムを一口大にちぎったもの、薄くスライスしたパルメザンチーズをすべてあえて皿に盛る。塩こしょう、バルザミコ酢をかけて召し上がれ。

 

 

 

フランスに滞在していた時、ホームステイ先のお料理上手なママンに習ったレシピです。ドレッシングの黄金比は、オリーブオイルとビネガー(レモン汁やバルザミコ酢など)1:1なんだそう。シンプルで飽きない、お野菜そのものの味がしっかりと味わえます。

 

 

それでは皆さま、Bon appetit!

 

 

NicO xx

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Category
Please reload