【冷蔵庫にある材料でできる】スコーンの作り方

September 20, 2016

 

 

ウチでは毎朝ヨーグルトを食べます。フルーツにかけたり、グラノーラやドライフルーツといっしょに食べたり。今回は、家にあるもので気軽に作れるスコーンのレシピをご紹介。プレーンはもちろんチョコチップやレーズンなどお好みに合わせてアレンジも可能です。(今日は残っていたドライクランベリーを混ぜました。)朝ごはんのおともにどうぞ。

 

 

【材料】(直径6cmスコーン型12〜14個分)

薄力粉. . . 250g

ベーキングパウダー. . . 大さじ1

きび砂糖. . . 20g

バター. . . 65g

牛乳. . . 大さじ3

プレーンヨーグルト. . . 50g

 

ドライクランベリー(または好みのドライフルーツやチョコチップなど). . . 適宜

 

 

【下準備】

・オーブンは180度に予熱しておく。

・バターは小さく切り、直前まで冷蔵庫で冷やしておく。

 

 

【作り方】

[1] ボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、きび砂糖を入れて混ぜ、小さく切ったバターを加える。

 

 

[2] バターが溶けないよう手早く粉と混ぜ合わせていきます。

 

 

[3] 2に卵、牛乳、プレーンヨーグルト、(とクランベリー)を加えて、粉っぽさがなくなるまで混ぜ、生地をひとつになるようにまとめる。

※このとき、できるだけ生地をこねないようにするのがポイントです。

 

[4]打ち粉(分量外の薄力粉少々)を振った台(またはまな板)に3を数回折りたたんで取り出し、手のひらで軽く押さえながら2cm程の厚さにのばす。

 

 

 

[5] 4をスコーン型や丸型(コップでもOK)で抜く。余った生地はもう一度ひとまとめにして型で抜き、生地がなくなるまでこの作業を繰り返す。

 

[6] クッキングシートを敷いた天板に5を並べ、少量の牛乳(分量外)をハケでぬる。

 

 

[7] 180度に予熱しておいたオーブンに入れ、15分ほど焼く。(※オーブンの性質によって、焼成時間が多少変わる場合があります。)こんな感じに膨らみ、こんがり焼き色がつぃたら完成です。

 

 

オーブンからバターの焼けるいい香りがします。お好みでバターやいちごジャム、ホイップクリームやハチミツ、メープルシロップなどを添えてお召し上がりください。

 

もちろん、スコーンといえばクロテッドクリームですが、日本では近所のスーパーには売ってないですよね。少し脂肪分高めの生クリームをホイップしてマスカルポーネチーズを加えると、スコーンととても相性の良いコクのあるクリームが出来ますよ。ぜひお試しください。

 

 

それでは皆さま、Bon appetit!

 

 

NicO xx

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Category
Please reload

© Copyright(c)2010-2018 pannolini All rights reserved.