Baby Gifts

​FOR NEW BORNS AND MOTHERS

Etiquette

guide ​to baby celebrations

Learn essential etiquette for a baby gift

出産のお祝いを贈るタイミングや贈り方や金額の目安など礼儀をきちんとおさえて

​赤ちゃんの誕生と出産を頑張ったママに心からの「おめでとう」を伝えましょう。

出産祝いを贈るタイミングは?

出産祝いは、ママの体調が整い始める「お七夜」(生後7日目)からお宮参りを行う生後1ヵ月までの間。

 

一般的には、この時期にお祝いを贈るのが良いといわれています。

相手に贈る際は、ギフトと一緒にひと言お祝いのメッセージを添えるとより喜んでいただけるでしょう。

【直接会ってギフトを手渡しする場合】

出産直後のママは、出産時の疲れや子育てに対する不安など精神的にも身体的にも疲れている場合がよくあります。

育児中は生活のリズムを整えることもとても難しく、産後すぐに訪問するとママや赤ちゃんに負担をかけてしまう場合がありますので、直接会ってプレゼントを渡す場合は、出産後2~3週間を過ぎて一度確認した上で伺うとよいでしょう。

(赤ちゃんとママを気遣い、できるだけ長居は避けるようにしましょう!)

生まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力もまだ低いため、風邪をひいている方は訪問を控えましょう。なお、小さなお子様は感染症などにもかかりやすいため、できるだけ連れていくのは避けることをお勧めします。

【贈る時期が遅れてしまったら】

出産祝いを贈る時期が生後1ヶ月を過ぎてしまうこともありますが、お祝いごとですので時期を過ぎて贈っても構いません。

その場合は「遅ればせながら出産祝いを兼ねて」などのメッセージを添えるとよいでしょう。

出産祝いに何を贈ればいいの?金額の目安は?

家族からの出産祝い

金額の相場は1万円~3万円程度

【祖父母や両親から】

おもちゃやベビー服などベビーグッズを組み合わせたギフトバスケットや、お喰い初め(赤ちゃんのお祝い行事)にも離乳食にも使えるベビー食器セット、また赤ちゃんの必需品「紙おむつ」を可愛らしくアレンジしたダイパーケーキなども人気の出産祝いです。相場も1万円以上と比較的高額なものが多いようです。

【兄弟・姉妹から】

おくるみやベビー雑貨など様々なものが考えられますが、目安として1~2万円程度でオシャレで少し上質な実用品が人気です。授乳ケープや抱っこ紐、ブランケットなど産後のママを気遣ったお助けアイテムや、授乳中のママにも嬉しいルイボスティー、オーガニックティーなど育児への不安を助ける心にも体にも優しいプレゼントもきっと喜んでもらえるでしょう。また、必要なものをきいた上で贈るのもよいでしょう。

 

【おじ・おば・いとこなど親戚から】

1万円前後でベビーアルバムなどのメモリアルグッズやベビー服、華やかなダイパーケーキなどを選ばれる方が増えているようです。上品なデザインで高品質なおくるみなど機能性や素材はもちろん、見た目の可愛らしさにもこだわったプレゼントを是非選んでみてください。

友人からの出産祝い

金額の相場は3000円~1万円程度

友人からの出産祝いは、個人なら3000円~1万円程度、グループで贈るなら1万円~2万円程度が目安です。

オシャレでやインテリアにこだわるママには上質なベビー雑貨、デザインも可愛く機能的なおくるみなどの実用品、自分ではなかなか買うことのないブランドベビー服など、相手のライフスタイルや好みに合わせてママにも赤ちゃんにも喜んでもらえる嬉しいギフトを贈りましょう。

 

また、おくるみやベビーブランケット、タオルなど何枚あっても困らないアイテムは出産祝いの贈り物にも最適です。デザインや素材にこだわった上質なプレゼントで差をつけてみてはいかがですか。

 

会社の同僚など職場関係者からの出産祝い

金額の相場は3000円~1万円程度

個人なら3000円~1万円程度、連名で贈るなら1万円~2万円程度が目安です。

相手の好みがわからないことも多いため、男女問わずに使える色やデザインなどの誰にでも喜ばれる上質なブランケットやおくるみ、また華やかで高級感のあるダイパーケーキなども人気です。

他にもあります、出産祝いのこんなマナー

出産された方のお身内に不幸があった場合

相手のお身内に不幸があった場合は、不幸を優先しお祝いは控えます。お祝いを贈るなら、四十九日を過ぎ先方から忌明けのご連絡があってから、もしくはお誕生日などのタイミングで贈るとよいでしょう。

2人目以降の出産祝いの場合

2人目以降の赤ちゃんの出産祝いは、何枚あっても助かる「紙おむつ」をアレンジしたダイパーケーキやお兄ちゃん、お姉ちゃんも使えて重宝されるおくるみやブランケットなどのギフトが人気です。ベビーグッズはすでに沢山持っていることも多いので、なかなか外出できないなど生活に制限がでてしまうママ自身が使えるアイテムを贈るのもおすすめです。